徹底比較 旅館・ホテル

旅館・ホテルの種類

旅館やホテルには、それぞれ種類と言うものがあります。ここでは、それを比較していきます。

立地場所

まずは、立地場所に比較していきましょう。立地場所によって、名前が変わってくることが多いのは両者とも共通なのです。

旅館

旅館の場合は、都市部にある場合には「割烹旅館」と「駅前旅館」と呼ばれますが、都市部でない場合は「観光旅館」と「温泉旅館」に分かれます。

基本的に「割烹旅館」は、「料理旅館」とも呼ばれていて(コアな方は違うとも言いますが)、料理を目的にすることが多いようですが、旅館によって大きく違い、最高に美味しいという感想を聞くこともあれば、最悪だったという感想も聞くこともあります。予約する際には、ある程度の情報を集めて、決めましょう。また、「駅前旅館」は元々は、夜遅くに駅に到着する客を相手にして来たと言われていますので、泊まるだけの旅館と考えていいでしょう。

「観光旅館」や「温泉旅館」とは、基本的にどちらも、観光や温泉を楽しむための物で、どちらに重点を置いているかどうかの違いによる物だと考えていいでしょう。観光旅館の場合は、観光地に多くあり、温泉旅館は温泉が沸いている所での営業が普通です。温泉地や観光地に立地されているのが、「観光旅館」や「温泉旅館」です。旅行客、湯治客向けの物をいい、上記の「泊まるだけ」と比べ、「遊ぶ・楽しむ」というのが特徴でしょう。

ホテル

ホテルの場合は、都市部にある場合には「シティホテル」と「ビジネスホテル」が有名で、都市部でない物には「リゾートホテル」があります。

「シティホテル」の基本は、「高級」で「多機能」であり、金額もそれなりとなりますが、宿泊や宴会、レストランはもちろん、ショッピングやプール、ジムなどなどいろいろな機能を備えていることが多いので、宿泊を目的としない場合でも利用することもあるようです。逆に、「ビジネスホテル」はビジネスマンなどの出張者向けのホテルなので、 宿泊に重点を置いていることが多いようですが、オプションによって、ある程度のサービスが受けられます。

「リゾートホテル」は、観光地、リゾート地などに立地されていることが多く、リゾート地で遊ぶこと、楽しむことを目的としていることが多いようです。また、高級多機能なホテルでもあり、宿泊や宴会、レストランなども十分、地元店でのショッピングなども楽しめます。多くの宿泊客は、3日以上の宿泊が多く、長期滞在の方も少なくないので、客室も広めに用意され、ゆっくりと休めるようになっているようです。

規模

規模は、一般的な観光のための、旅館とホテルのことを考えていきます。

旅館

旅館はトップページの「旅館とホテルの規則」でもあったように、基本的にホテルより小さいことが普通のようです。中には大きな旅館も多いのですが、その場合になると、「ホテル」とも呼ばれるようになるようです。基本的に、階数も2階までのことが多く、そのため、「小規模な和式の宿泊施設」というイメージが、宿泊客に根付いている事が多いようです。

ホテル

ホテルは、トップページの(中略)、基本的に旅館よりも大きいことが当たり前のようです。和室と洋室の両方が備えられている「ホテル」も多いのですが、海外では和室という物はありません。日本の方に配慮したため、こうなっているのでしょう。階数も十数階〜数十階という物が多く、大規模な物が多いので、大きければホテルというイメージが根付いています。

Valuable information

ヨガアライアンス 東京

最終更新日:2019/1/25

▲トップに戻る